エラシコについて

後半部で2つのゴールを決定したバルセロナは置きました来られた。
王の勝利の後ろから、カップ準々決勝はスペイン(レアル・マドリーの初の戦争対2-1をもつバルセロナ)の第18位の上で外へ持ち運びました。
敵の土地のサンチァゴ・ベルナベウで手で貴重な勝利がありました。
そして、チェックを準決勝前進に提出したバルセロナに対する心からの後悔の損失を被ったレアル・マドリーに関しては、それが離れて少なくとももので2回目の対戦のそばにあった状態とひどい状況に、勝利は追いやられました。
レアル・マドリーのモリーニョ管理はその日に最初の予想をひっくり返します。
そして、思いもかけないことはアルティントップ(右側背中のセンターバック)としてトラブルの後カルバーリョを指定します。
中央のステージの戦いが世界が注意を払う間、始まった前半の初期に続く対立(対立)を、した発展で、それはあります。
それから、11分の間左側でベンゼマのパスを通して凝り性を迎えたクリスティ・アルノ・ロナウドは、高速でピケを振り落して、それをゴール権利角へ注ぎます。
しかし、後半に入るとバルサに逆転を許してしまい反撃むなしく敗れてしまいます。
なので次のエラシコは大変な盛り上がりを見せると思います。