日本のオリンピック代表について

U-23サッカーのMF清武弘嗣(22)=C大阪=−候補代表主力が第18の上で一緒に泊まっていたグアムへ、千葉の病院で熱のため、休んだ。
日本の代表は、成田空港から向かいました。
体調がかなり戻らなければならなくて、引下げを約束しなければならなかったとき、シリアに2月5日にする最後の予備C戦争を4回目のクラス・ロンドン・オリンピックの(ヨルダン)参加のまわりで向けました。
キャンプは、22日まで実行されます。
ステップは安定していました。
単独でチェックインカウンターへ進みました。
そして、ピックアップを担当して日本協会のスタッフと良い感じのチャットをするのを、目撃しました。
よくて、穏やかな表現であるかどうかにかかわらず体調が異議を唱えられるとき「はい」。
かなり、直接的な背中発電車がグアムにとても入ったかどうかという問題のために、「すべての後のスタートです」。
引下げに徐々に答えて、約束しました。
千葉(熱が明白になった成田市)においてチームに加わったとき、それは14日でした。
主力が出発したときたとえそれが15日であったとしても、減少している温度なしで千葉で入院しました。
人自身は「それは早かったです」間、体調が戻ったと説明しました。
しかし、協会広報によれば、温度が不安定性で動かすことができなかった状況は3日の間続きました。